失敗しない 探偵事務所の選び方

Detective selection

失敗しない 探偵事務所の選び方

探偵事務所と弁護士

探偵事務所と弁護士の関係について

探偵の調査料金 相場とは探偵事務所と弁護士事務所では、業務の内容は全く異なりますが、お互いに協力して仕事をすることも珍しくありません。
多くのテレビドラマでは、弁護士が無罪の被告を守るために調査を行い、真犯人を探し出して無実を証明するケースがありますが、実際には弁護士がみずから調査を行う事は少ないでしょう。

弁護士は法律のプロであり、民事トラブルでは依頼者の代わりに交渉事を行うことが仕事になります。
この交渉で相手が事実を認めれば問題ないのですが、真実を認めず争う事も少なくありません。
このような場合には仮に裁判になっても、どちらが真実を述べているかが分からず、依頼者が納得できる結果にならない場合も少なくありません。
裁判では原告(訴えを起こした側)が事実を証明する必要があり、仮に事実があっても証明することが出来なければ、裁判では認められない可能性が高くなります。
弁護士は万能で、弁護士に依頼すれば全ての問題が解決する訳ではないのです。

弁護士は法律のプロですが、調査や証拠収集のプロではありません。
そのため手元にある証拠だけでは、良い結果が出せない可能性がある場合には、探偵事務所に調査を依頼することも少なくありません。
探偵事務所は調査のプロですので、一般の方や弁護士では行いないような証拠収集が可能な場合も少なくなく、その証拠を元に弁護士が交渉や裁判を進めることも珍しくありません。

探偵事務所と弁護士事務所は、一部の仕事ではとても近いところで業務を行っており、お互いが得意分野を生かして依頼者の問題を解決に導いています。

探偵と弁護士どちらに依頼するべき

時間制 調査料金あなたが今抱えている問題により、依頼先は変わってきますが、既に証拠を持っている場合には弁護士へ、証拠を持っていない場合には探偵事務所に初めに依頼すると良いでしょう。
依頼する順番が異なっても、最終的には両方に依頼する事になる場合が多くなりますが、依頼する順番は非常に大切です。

例えば浮気による離婚や慰謝料請求を考えている場合について説明します。
証拠が無いまま弁護士に依頼した場合には、弁護士と相手が話し合いを行う事になります。
弁護士の業務の性質上、どうしてもあなたの行動が相手に分かってしまう事になります。
相手が浮気の事実を認め、浮気相手も教えてくれれば良いのですが、全て話してくれるケースは少ないでしょう。
このような場合では多くのケースで、浮気を一時的に止めたり、警戒をして浮気をするようになります。
そのため探偵に調査を依頼しても、証拠を押さえる事が出来なかったり、調査が長期間に及び料金が高額になるケースがほとんどです。
それに対して探偵の業務は秘密裏に行われます。相手にあなたの行動を気付かれる前に証拠収集を行いますので、調査の成功率も高く、短期間で成果が出せる可能性が高くなります。

最終的には探偵と弁護士の両方に依頼する必要がある場合には、探偵による証拠収取を先に行い、その後弁護士に交渉を依頼すると良いでしょう。
依頼する順番は浮気による離婚や慰謝料の請求だけでなく、証拠収集が必要な依頼内容の場合には同じようになるでしょう。
警察などの捜査を考えてみると分かりやすいと思いますが、証拠が無いまま相手から聞き出そうとしても、真実を隠したり証拠を処分しようとする人が多いものです。
相手に気付かれる前、又は証拠を破棄される前に、先行して証拠収取を行う事は非常に大切です。

最近では弁護士と探偵の連携が取れている場合も多く、弁護士に依頼しても証拠が不十分で交渉を有利に進めることが出来ないと判断したら、探偵事務所による調査を提案する弁護士も増えてきています。
また、探偵事務所も調査終了後に弁護士を紹介してくれる場合も多いようです。
どちらに依頼する場合にも、信頼出来てあなたのために動いてくれる所に相談する事が大切になるでしょう。